コンセプト

家族が幸せに暮らせる家づくりの秘訣

これまでの日本の住宅は築25年で価値はほぼなくなります。
私たちは、これまで知らず知らずのうちに
使い捨ての価値基準で住宅を建てていたのです。

イギリスでは家の寿命は平均で75年。
もちろん価値もそれだけ続きます。
いいものをつくってきちんと手入れして
長く大切に使う世界ではこれが常識なのです。

日本の家づくりもこれから大きく変わります。
子供たちに住まい継がれる価値ある住宅・・・
こんな家づくりをヴィンテージハウスはご提案します。

もっとお家に 長く住み続けられれば…。

むかしむかし、人々の暮らすお家には神さまが住んでいました。

神さまは雨や風から家族を守り、
いつまでも笑顔で長く暮らせるような家づくりをしていました。
そしてその孫、そのまた孫までも代々住み継がれて、
神さまはお家を100年も200年も見守っていたのです。

しかし、戦後は家が不足していたので、
家の質よりも量を重視していました。
ですので、家の寿命も30年程度しかなく、
いつしか30年ごとに「壊しては新しく建てる」
というようになったのです。
これでは家の神さまもゆっくり住むことができません。

神さまは思いました。
「もっとお家に長く住み続けられれば、
みんなもっと笑顔で豊かな暮らしができるのに…」

はじめての家づくりは、わからないことだらけ。

ここにもまた、お家を建てようとしている家族がいます。
スマイさんち4人家族は、初めての家づくりで
みんなドキドキワクワク。
どんなお家にしたらいいのかわかりません。

よく広告を見かける低価格が売りの家や、
デザインが素敵な家のパンフレットを見て、
お父さんは言いました。

「なんとなく良さそうだしここに決めようか。
賃貸で家賃を払っているよりも家を買った方が
自分たちの資産になるし、いいよね。」

どんなことを気にして お家を選べばいいのかな?

突然、ボワン!と煙がたちこめ、中から7人の小さな人が現れました。

「わしらはお家の神さま!
そんな風に『なんとなく』でお家を決めてしまってもいいのかな?
また、本当にどんな家でも『資産になる』のじゃろうか?」

家族はびっくりして顔を見合わせ、お母さんが言いました。
「確かになんとなくで決めてしまったけど、
一体どんなことを気にして選べばいいのかわからないんですもの。
それに、『家が資産にならない』ってどういうこと?」

神さまの1人が続けて言いました。
「家は家族にとって、一番大きな買い物。
わしらが長く住み続けられる、
家が資産になる秘訣をお教えしよう!」

時が経つにつれて家の価値は どんどん下がっていく。

神さまは言いました。

「土地と比べて、家の価値はどんどん落ちていくのじゃ。
25年も経てば、家の価値はほぼ0になってしまう…。
いざ売りたいと思っても
希望の値段では売れないことがたくさんあるのじゃ。」

実はローンが35年あっても、ローンを払い終える前に
家の価値のほうが無くなり、
価値の無いものにローンを払っているのです。

そんな時でも家を資産として運用できるように、
安かろう悪かろうな家づくりではなく、
皆が豊かになるために、高耐久で資産性のある家づくりをする
必要があるのじゃ。

日本の住宅の価値は、25年で0になります。

日本の戸建ては入居したとたんに価値が下がり始め、
築20〜25年ごろになると資産価値がゼロになってしまいます。

さらに、ローン返済が終わったとしても
残された家の不動産としての価値は、
解体費相当のマイナス評価なんてこともあります。
だから、25年先の事も考えた家づくりをしないと
損をすることになるのです。

家の資産価値が「見える化」された

今度はメガネをかけた神さまが言いました。

「今まで家の価値を守るための
明確な決まりがありませんでした。
そこで、国が家を長持ちさせる決まりを作り、
認定制度を設けました。」

また、築25年時点での認定を受けた家の転売価格は、
ちゃんと定期補修が計画通りに行われている場合に
新築時の35%で評価されることとなるのです。

家が家族を守ってくれる

例えば、「国の認定を守った家は、もしも不測の事態などで
ローンが払えなくなったとしても、
家がローンを払ってくれるんだよ。」

ちょっとキザな神さまが話し出しました。

「今まではローンが払えなくなったら、
家は手放すしかなかったけれど、
きちんとした家づくりをすれば、
せっかく手に入れた家を手放すことはなくなるんだ。
これによって家を買うことで、起こりうるリスクや不安を
回避できるようになり、
安心して家を購入できるようになったんだ!」

いつでも貸し出せる安心の借上げ制度

耐久性の高さと長期にわたるメンテナンス体制を持った家は、
一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の「移住・住みかえ支援適合住宅」の認定を受けることができます。
この認定を受けた住宅はいつでもJTIが賃貸物件として借上げ、空き家時も賃料収入を、
最長で終身にわたり保証します。いつでも賃料保証された収入が得られるということは、
住み替えによるお客様のライフプランの可能性を大きく拡げてくれるのです。

みんなを守る地震に負けない 強い家づくり

今度はマッチョな神さまが飛び出しました。

「地震の多い日本では、地震に負けない
強い家づくりが大事だね!
地震に負けない家づくりなら、
オレがオススメするのは”コア構造”だな!」
「コア構造は、ゾウの足みたいに大きな4本の柱が
お家をしっかり支えてくれているイメージ!
これなら地震にもびくともしないぜ!」

ワンランク上の構造安全率を 可能にする「コア構造」

建物の四隅に耐力壁を1.2階とも揃え、バランスよく配置することで、直下率を100%に高め、偏心率を0.15以下に向上させます。これにより、構造への応力負担を軽減し、ねじれを抑えることができ、耐震性能が同等級の建物と比較しても安全率を高めた建物となります。

国土交通省 平成21年、22年、23年度長期優良住宅先導事業
3年連続採択 全国300棟建築実績

ライフスタイルの変化に 合わせて変えられる間取り。

少年のような神さまが笑顔で言いました。

「100年持つ家になるためには、その時に住んでいる人の
ライフスタイルに合った間取りじゃないと生活しづらいよね。
建て方を間違えてしまうと、間取りを変更するときに
とってもお金がいることになってしまうんだよ。」

「間取りを自由に変えれる家づくりは、
将来のライフスタイルのためにも、
価値が下がらない家としても
とっても大事なことなんだよ。」

可変性の高い耐震構造だから長くもつ家

コア構造で建てられた家は、リフォームしやすい骨格になっており、自由に間取りを改装することが可能です。
家族の増減に応じて間取りを変更したり、手軽なプライベートスペースを作ったりと、
時間とともに変化するライフスタイルに対応できる家なのです。
また、1階の水まわりをも違う場所に移動できるのです。

家族の夢を叶える こだわりを詰め込んだ家。

今度は可愛い女の子の神さまが登場しました。

「家の価値を守る家づくり、地震に負けない家づくり、
それに自然素材を使った健康な家づくり、
オシャレな家づくりをプラスしないとね!」

「100年住み続ける家は屋上にお庭がある家や、
他にもデザイン性の高い色んなタイプの家が豊富にあるから、
家族の夢を叶えてくれるのよ」

ニッコリと女の子の神さまは言いました。

屋上庭園や和モダンなどデザイン性の高い家

屋上にプライベートガーデンがある家や寛ぎと気品に包まれた和モダンな家、薪ストーブのある暖かい家など、
他にも多数こだわりのデザインをご提案しています。

孫の世代まで考えた幸せに暮らす家選び

最後の恵比寿さまのような神さまがこう言いました。

「一般的な家はローン返済が終わったあと、建て直しが必要になってくるから、
子どもたちがまた建てかえて住み続けるにはまたローンを返済して行かなければいけないんだ。」

「それに比べ、100年住める家は多少の修繕だけで、住み続けることができるから、
子どもたちはローン返済に追われることなく、裕福に暮らしていけるんだ。」

成熟社会における家づくりはどういったものでしょう。
長く住み続けられる家だからこそ、家族に「真の豊かさ」「ゆとり」が生まれ、
そして、国富が豊かになるのです。少子高齢化の進展による福祉負担の増大、地球環境、廃棄物問題の深刻化など
克服しなければいけない問題が多くあるのです。
欧米のように長寿命な家づくりをし、価値ある家を孫の代まで大切に受け継いでいくという考えが、
今の日本には、欠かせない家づくりと考えます。

家族が幸せに暮らせる家づくりの秘訣。

神さまたちの話を聞いて、
スマイさん一家も家づくりのことがわかってきたみたい。

「いいかい、みんながずっと笑顔で暮らせる家にするには
デザインや価格やブランドイメージだけで
『なんとなく』選ぶんじゃなく、
10年先・100年先の未来を想像することが大事なんじゃよ。
どうだい、私たちに家づくりを任せてみないかい?

「もちろん!お願いします!」一同にみんな答えました。

それから十年後、
オシャレな素敵なお家で楽しく暮らす
スマイさん一家の姿がありました。
全てはしっかり考えた家づくりをしたおかげです。

この家には神さまたちがずっと住みついてくれているので、
スマイさんちは、将来もずっと豊かに暮らしていけることでしょう。
10年先も、100年先も、神さまが見守るこのお家で…

問題だらけの日本の住宅事情 和坐の見学の様子が動画でご覧いただけます。 360°パノラマでお家の中をご覧ください!バーチャル見学会 Vintagehouseニュース lnv-8-btm Vintagehouseブログ lnv-8-btm 家を守る7人の神様のお話 Vintagehouse誕生の理由 Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ
ページトップへ