一時期のライフスタイルに合わせた間取りの非効率性

一時期のライフスタイルに合わせた間取りの非効率性

1 家を購入する時にどうしても考えなければいけない家の間取り。
購入する時は「今の生活」基準で間取りを考えますがそれは本当に良い事なのでしょうか?

お子様がまだ小さい頃に必要な間取りと、小学生の時に必要な間取り、高校生の時に必要な間取り、卒業して独立した後の間取り、人生の節目節目で必要な間取りは変わっていきます。

Vintagehouseは100年住み継ぐ家というコンセプトの元に設計されているので、間取りをその時々に必要な形に変える事ができます。

Vintage house写真

子どもや家族との時間を大切に暮らす家スタイル

今どきのママは毎日忙しい日々を送っています。
昼間は外で仕事をして、帰宅したら家事に追われて大忙し。そうなると、子ども達や家族とのコミュニケーションを取る機械が少なくなってしまいます。

しかし、考え方1つで「家事効率」を上げ、子ども達と接する時間をつくることもできます。家事効率の上がる家の作りで家事の時間を短縮したり、リビングを見渡せるキッチンであったり。家づくりの際にちょっとした工夫を付け加えるだけで、家族との時間を有意義に過ごせるかもしれません。

Vintage house写真

子どもの成長や生活の変化に合わせた家スタイル

子ども達が成長すると、家族の時間以外に自分だけの時間が必要になります。勉強や友達との時間、恋人との時間も必要です。
家というのは、子どもの成長と共に”在り方”が変わります。そうした未来のことも考えた家づくりをし、10年後、20年後と、家を比較的用意にカスタマイズできる事が大切です。

コアシステム

Vintagehouseの住宅は左図のように丈夫なコア(構造)によって家の骨格が保たれているからこそ可能なのです。
家族の増減に応じて間取りを変更したり、手軽なプライベートスペースのためにリビングルームに可動式の間仕切りを追加したり。

このように変化するライフスタイルにあわせて家をリフォームしていく事も可能です。

SUUMO掲載中 問題だらけの日本の住宅事情 和坐の見学の様子が動画でご覧いただけます。 360°パノラマでお家の中をご覧ください!バーチャル見学会 Vintagehouseニュース lnv-8-btm Vintagehouseブログ lnv-8-btm 家を守る7人の神様のお話 Vintagehouse誕生の理由 Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ
ページトップへ