Q&A

Q&A

Q3. 「認定長期優良住宅」と「長期優良仕様住宅」の違いは何ですか?

 

長期優良住宅の認定基準は住宅の性能で耐震等級2・劣化対策等級3・維持管理対策等級3・省エネルギー対策等級4という仕様になりますが、両社ともスペック的には同じで住宅ローン金利優遇も受けることができます。
 
大きく違ってくるのが、税制優遇、家賃返済特約付フラット35や、将来の資産形成手段となる移住・住みかえ支援適合住宅制度によるマイホーム借上げ制度が利用可能になることとで、住宅を建てる時や建てた後不安の解消になりリスク回避ができて安心して住宅が購入できます。
 
その他にも㈶不動産流通近代化センター価格査定マニュアルが、長期優良住宅で定期補修が計画的に行われている場合で築25年時点での転売価格は新築時の35%になると2009年7月に改定されました。
 
例えば2000万円が築25年で700万円の価値があるという事になります。認定を取得するのとしないのでは将来にわたり大きく違いがあります。
SUUMO掲載中 問題だらけの日本の住宅事情 和坐の見学の様子が動画でご覧いただけます。 360°パノラマでお家の中をご覧ください!バーチャル見学会 Vintagehouseニュース lnv-8-btm Vintagehouseブログ lnv-8-btm 家を守る7人の神様のお話 Vintagehouse誕生の理由 Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ Vintagehouseブログ
ページトップへ